« October 2017 | Main | December 2017 »

2017.11.11

スバル360

171030subaru36001
ひと昔前ならSFにすぎなかった自動運転車の実用化がそろそろ現実味をおびてきた。

現代のクルマは、ろくなトレーニングも受けていない運転者が、原始的な操舵用ホイールと足踏みペダルを曲芸的に操作して、内燃機関の出力と車輌の進行方向を微調整しつつ、ときには路上の歩行者スレスレを走らせるという狂気のマシーンだ。
こんな恐ろしいシステムで、ときには時速100㎞ものスピードを出して運行しているのだから、事故が起きないほうが奇跡。現状は危険きわまりないので、さっさとすべてのクルマを自動運転にすべきだろう。

クルマはこれまで日進月歩の進化を続けてきた。ハイブリッドなどの新しい動力装置、コンピュータ制御の燃料噴射やブレーキシステム、果てはカーナビやエアコン、オーディオ装置に至るまで、ありとあらゆる部分が劇的に変貌し続け、現在のクルマで昔から構造が変わっていない装置はワイパーだけといっても過言ではない。
171030subaru36002
1958年、自動車産業黎明期の我が国に、一台の先進的なクルマが誕生した。

高度な電子制御はもちろん、エアコンもパワーウインドウも、それどころかシートベルトすらついていないお粗末きわまりない小型車だ。
にもかかわらず、スバル360、通称テントウムシと呼ばれるこの車は日本人の生活に大革命をもたらした。平均的な会社員がオーナードライバーとなり、週末に(といっても、当時は土曜は休みじゃなかったけど)家族でドライブに出かけるという、夢のような新時代のライフスタイルを切り拓いたのだ。

ギリギリまでボディを小さく軽くしつつも強度を保ち、しかも大人4人が乗れるキャビンを確保しようとした苦心のデザインは、今なお独特の美しさと新鮮な輝きを放っている。

しかし実際に乗ってみると、このクルマが放っているのは無作法な騒音と煙たい2ストロークオイルのにおいだ。悲しくなるほどパワーがなく、ローギアで踏みっぱの全開にしないとちょっとした坂道すら上がれない。ブレーキを踏んでも、むしろ逆に加速してるんじゃないかと錯覚するほど止まらない。
たまたまこの試乗直後に現代の軽自動車に乗ったが、両車の性能のあまりの違いに、いったいこれが同じ乗り物なのかと愕然とさせられた。

171030subaru36003
が、それでももしかしたら、ある種のクルマはべつにコレでいいんじゃないかとも思う。
まあまあ走るし、まあまあ止まり、ふつうに曲がり、荷物と人が運べる。エアコンはないが、三角窓やボンネットのベンチレーターを開ければぬるま風くらいは浴びられ、死ぬほどつらいわけでもない。

スバル360以降、約60年のクルマの歴史と進歩に思いをめぐらせる有意義なショートドライブになるハズだった。なのに室内がモクモク煙たすぎてろくに頭が回らず、たいした感想がもてなかったのが残念だ。

171030subaru36004シンプルなインパネ。折れそうに細いハンドルも軽量化のため。

171030subaru36005なんと運転しながら憧れのラジオ放送が聞ける!

171030subaru36006平成の日本人には違和感満載の前開きドア

171030subaru36007ピラーの三角窓を開けて走ると意外にしっかり涼しい

171030subaru36009リアハッチ内に、356ccエンジンとバラ色の高度経済成長の夢を搭載

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.06

BunBun!林道@GARRRR[京都府・高雄]

17110601
オフロードバイク雑誌『GARRRR』で連載中の林道ツーリングレポート『BUNBUN!林道ツーリング』、第16回は「京都・高雄 紅葉満喫ツーリング」と題して京都市右京区高雄に行ってきた。

雑誌の記事制作では、紅葉の記事はまだ青葉の季節に取材・撮影する。白黒ページならいいが、カラーだと掲載時に葉っぱの色をいじって季節感をごまかすこともある。でもブログではいちいちそんな面倒な加工はしない。なので記事タイトルと絵ヅラに齟齬がある点は目をつぶってほしい。

取材から発行までに時間がかかる雑誌の記事には宿命的なタイムラグがあり、取材以降に、かんじんの現実の情報が変わってしまうことも珍しくない。
林道は猫の目のように状況が変化するから、そのぶん林道記事もこのタイムラグの影響を受けやすい。

京都・高雄の林道取材直後、台風21号が本州を縦断。京都の林道は軒並み壊滅的な被害をうけた。誌面で紹介した林道が現在どうなっているかは、その後実際に走りに行ってないからタカハシも知らない。

17110602
掲載された記事を読んでホイホイと走りにでかけたら、実際には崩れていて通れなかったじゃないか、ヤバい道走って転んだじゃないか、あんなとこ行って損したじゃないかなどといろいろ文句を言ってきても関知しないから悪しからず。
自然とはまあそんなもの、雑誌とはまあそんなもの、タカハシなんてまあそんなヤツなのだ。

徒歩にしてもバイクにしても、山に入る以上は登山なので、山で起きるすべては自己責任だ。ま、生きて山から帰りたければ、バイク雑誌だのタカハシだのといった身元のあやしい連中の妄言を信用しないほうがいいってことだろうか。

末尾に林道入口の位置データを記載しておく。走ってみたい人はマジ自己責任で。

ルート詳細については誌面を読んでほしい。『GARRRR』は毎月6日バイクブロスより本体917円で発売中だ。

なお、本誌では書けなかった取材裏話はココ↓から読める。

【取材裏話イラストルポ】 ☜CLICK to READ

17110603
17110604
17110605
17110606
17110607
17110608
17110609
17110610
17110611
17110612
17110613
17110614
17110615
17110616
171106exfood

「とが乃茶屋」の鳥みそうどん。お餅も入ってつゆまでうまい1200円。

【林道位置情報】 Google Map
←林道宇治宇治谷線 細野口側入口
←林道雲心寺線 神護寺側入口
←林道田尻谷線 分岐
←林道松尾白峰線 分岐

17110617
※Model&Guide Atsuhiro Hayashi+HONDA XR250
※Photo:Katz Takahashi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2017 | Main | December 2017 »