« サーキット秋ヶ瀬 with ガレージC | Main | 新東京サーキット »

2013.11.30

KAWASAKI KLX125

131129kdx125m00_3
モトクロス・コースで遊んでいて知り合ったライダー けんさんが愛車KLX125に乗らせてくれた。

KLX125は、最高出力10.2psの空冷4ストローク単気筒124ccエンジンを積んだカワサキ製デュアルパーパス・バイクだ。

131129kdx125m01_2このマシンの特徴は、独特のボディサイズが生み出す軽快なハンドリングにある。
車体は50ccオフローダーよりはぐっと大きいが、標準的な125ccよりもかなりコンパクト。タカハシのよーな小型人類には、ひじょーに乗りやすいジャストサイズだ。

131129kdx125m02_3そのかわり、サス・ストロークにはあまりゆとりがなく、不整地での高い走破性は望めない。戦闘的なツラがまえのわりにパワーは控えめだから、モトクロス・コースをガンガン攻めるには向かない。林道のライト・トレッキングなどに適したマシンだ。

でも、突出した動力性能がないからこそ乗りやすいともいえる。アホみたいにジャンプしまくるとかのムチャな運転さえしなければサスも優秀で、タイヤが路面に張り付くような安定感があり、フラットダートに強い。ロード・モデル風のソリッドな乗り心地も上質で快適だ。

131129kdx125m03_2KLX125は、アクセル一発でガツンとリアを振り出せる暴れ馬に乗りたい鬼畜系の上級者は別として、一般的な中上級者から初心者、さらにはタカハシのような万年タコライダーのなれの果てに至るまで、誰もが安心してダートランを楽しめるイージー・ライドなバイクだ。

131129kdx125mex02そのうえデジタルスピード&タコメーターなんかのぜいたく装備もついているから、ちょっとリッチな気分が味わえるのがイイ。もっとも、ダートでのんびりメーターなんか見てると、ソッコーですっ転ぶと思うが……。

131129kdx125m04_2ところで今回ブログ用の写真撮影を担当してくれたコバヤシくんは、さいきん知り合ったばかりの若きライダーだ。誰にでも愛されるまじめな好青年だが、ひとつだけ重大な欠点がある。なぜかタカハシが他人のバイクをやたら壊して回っていると思い込んでいるのだ!

131129kdx125mex03このKLXも、試乗中にチェーンがはずれてスプロケットに噛みついたり、クラッチが切れなくなったり、逆にいきなりクラッチが滑り始めたり、バイクがほんの少し傾きすぎて地面とほぼ平行になったりしたのは事実だ。
たしかに残念な現象には違いない。が、これらはあくまで不幸な偶然のトラブルであって、けっしてタカハシのせいではない。

131129kdx125mex01にもかかわらず、コバヤシくんは「犯人はこの人です!」などと、まるでタカハシが壊したかのように言いふらして歩いていた。善良なライダーに、いわれなきバイク損壊の罪を着せるなど、言語道断の悪行であろう。

131129kdx125m05_2タカハシは他人のバイクを壊すよーな悪人ではない。またKLX125は誰かに壊されたのではなく、ただ時の流れによって自然に崩壊または風化しただけである。誤った認識は、今すぐ正しく改めよう。

131129kdx125m06_2だいいちタカハシは、コバヤシくんの撮影に協力しようと一生けんめい走ってあげただけなのに、なぜかバイク破壊犯の汚名を着せられた、かわいそうな被害者なのである。ただちに謝罪すべきだ。ガソリン代、コース走行料、昼食のサンドイッチ代、それに国民健康保険料、市民税、水道光熱費、接待交際費、町内会費といった諸費用も弁償するといいだろう。

131129kdx125m07な、コバヤシくん。ふとした出来心から無実のタカハシを冤罪被害者におとしいれたきみの罪はたしかに重い。このままでは、社会もきみを許さないだろう。だが、幸いにも被害者は心のひろい人で、明日までに金を払えば和解してやってもいいといってくれてるそうだ。
支払いは簡単便利なネットバンキングで24時間受付中。さあコバヤシくん、きみはもう何も考える必要はない。急いで指定の口座に100万円払い込もう!

え? ところでおまえは誰だって? やだなほら、オレオレ、オレだよ、オレ~♪
131129kdx125m08_3
※Photo by T.Kobayashi

|

« サーキット秋ヶ瀬 with ガレージC | Main | 新東京サーキット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/58652840

Listed below are links to weblogs that reference KAWASAKI KLX125:

« サーキット秋ヶ瀬 with ガレージC | Main | 新東京サーキット »