« AFO CROSS 2011 YABUSAME | Main | ツインリンクもてぎ ダートトラック »

2012.05.07

F.ドリーム平塚 Night Drive

120507m00
ちょっと前までは「F-1ドリーム平塚」を名乗っていたが、さいきん微妙に名前が変わって「F.ドリーム平塚」になった。権利関係のモメ事でもあったのだろうか。その名のとおり、神奈川県平塚市にある。

120507m01アスファルトにパイロンをならべ、部分的にゼブラ縁石を設けた、470メートル・時計まわりのレンタルカート専用コース。ショート・トラックに10個ものコーナーを詰め込んでいるから、ステアリングが忙しく、横Gがあまりかからないわりに、腕や手首には厳しいレイアウトだ。

120507m02200ccのスバルEXエンジンを積んだカートは、ガチ初心者にはオーバーパワー気味だが、そのぶんトルク感たっぷりでスリリングだ。スロットルワークが単調なコースだが、ブレーキとステアリングにはそーとーの繊細さが必要だから、上級者でもじゅうぶん楽しめるだろう。

夜間の営業時間が長いのも特徴のひとつだ。22時まで(冬期は21時まで)走れるため、仕事帰りに立ち寄るドライバーも多い。
120507m05ただ、照明が一部でかなり暗い。慣れれば問題ないが、初めて走るパイロン・コースが真っ暗闇だと、どこにコーナーがあるかさえわからない。むやみと当てずっぽうに進入すると、いきなりウォールに突き刺さったりするから、せめて最初の数ラップは控えめにいきたいところだ。

120507m04今回は、大雨警報発令のなか、ナイト+超ヘヴィ・レインのコンディションで走ってきた。レインウエアは借してくれるが、一度でも水たまりに突っ込むと、下着まで瞬時にびしょ濡れになる。雨具はたんなる気休めだと思っておこう。
雨のナイトランでは、照明が乱反射して前が見えなくなるのを防ぐため、(ほんとうはよくないんだが)120507m03ヘルメット・シールドを上げて走らざるを得ない。しかし、その状態でうっかり水たまりを踏むと、高圧のドロしぶきがドバドバ目に入ってくる。おかげで、生まれて初めて「眼球がドロまみれになる」という体験ができた。

1日1000円走り放題のレディスデーが設定されていたりして女子にも居心地がいいコースだから、手近な女子にカートの難しさをみっちりわからせ、ガツ~ンと一発いいところを見せたい男子にもおあつらえ向きだ。
120507m06ただ万一、連れていった女子がやたら運転がうまくて自分より速いと、逆に赤っ恥をかく。なるべくトロそうな子を厳選しよう。モータースポーツを見たことも聞いたこともないのはもちろん、エンジンとニンジンの区別もつかない女子がよい。幼児期からピアノとソロバンと活け花を習い、小学校でウサギの世話係を押し付けられていたタイプが最適だ。
少女マンガ各誌の情報によれば、そういう内向性女子は、ぴらぴらフリルのスカートをはき、縦巻きロールの金髪に巨大なリボンをつけ、眼球に無数の星を散りばめた異様な姿をしているらしいので、誰でもすぐ見分けがつくはずだ。

120507m07しかし、せっかく苦心して女子を確保しても、かんじんのドライバーが、タカハシのよーにしょっちゅうウォールに突き刺さったり、眼球をドロまみれにして、ろくに前に進んでいないようでは恥ずかしい。猛練習により、せめて他人に指をさして笑われたり、後ろから尻を蹴飛ばされないくらいのテクニックは身につけておこう。

120507m08カートで女子にいいところをみせ、喝采を浴びるという夢は、脳の発育が中2レベルで停止している大半の日本男児が胸に抱く壮大な野望のひとつだが、その実現には少なくとも数年の地道な努力を要する。
場合によっては、F1レーサーになったり、ハイテク探査ロケットを打ち上げて木星に到達したり、相撲でオリンピックに出るよりも難しいプロジェクトだと知っておこう。野望への道は、はるかに遠く、おそろしく険しいのだ。(泣)
120507m10
※料金等は2012年5月時点。

|

« AFO CROSS 2011 YABUSAME | Main | ツインリンクもてぎ ダートトラック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/53836712

Listed below are links to weblogs that reference F.ドリーム平塚 Night Drive:

« AFO CROSS 2011 YABUSAME | Main | ツインリンクもてぎ ダートトラック »