« SHOEI MULTI TECH ヘルメット | Main | ツインリンクもてぎ 北ショートコース »

2011.11.28

カートコースとやま TopRise

111128m01
カートコースとやま トップライズは、富山市のはずれにあるレンタルカート専用コースだ。産業廃棄物埋め立て地を利用した地域振興事業の一環として作られたためか、取り付け道路では大型ダンプとよくすれ違う。

111128m02なので入口付近はどことなく工事現場っぽい雰囲気だが、施設内に入ると、一転してすみずみまでピカピカに美しい。トラックやグリーンはもちろんのこと、施設全体がよく整備されていて、居心地は抜群だ。

走行料金も、7分間(速い人ならだいたい12~13周)1500円と、平均的なレンタルカートコースの料金に比べてリーズナブルで、誰もが気軽に走れる設定になっている。

コースは全長555メートル、時計まわり。一見レジャーカーター向きのイージーなコースのようだが、じつはタイムを出すためには独特のライン取りが必要で、上級ドライバーでもけっこー本気で汗を流せるレイアウト。各コーナーも個性とバラエティに富んでいる。
111128m03なかでも138メートルのメインストレッチから飛び込むターン1からターン3までの3連右ターンは、このコースの白眉。テクニカルとハイスピードの性格を併せ持つ変則ターンで、このセクションを大胆に、かつロスなく走れるかどうかがラップタイムに大きく響く。初めての人ならだいたい40秒台、うまい人なら34秒台のラップタイムをめざすといいそうだ。

111128m04カートのパフォーマンスとトラックのマッチングも絶妙だ。

スタンダードカートは、ホンダの4サイクル200cc汎用エンジン、GX200を積んでいる。これでも充分なパフォーマンスだが、規定の条件をクリアした上級ドライバーは、「Sクラス」と呼ばれるスペシャルカートにも乗れる。
111128m05もっとも、どこもかしこも徐行運転のタコドライバー タカハシには、死ぬまで手の届かない夢のマシンにすぎないが。

Sクラスのカートは、スタンダードと同じGX200エンジンでありながら乾式クラッチを搭載し、吸排気系をチューンしているため、動力性能は大幅にアップしている(←に違いないと推測)。
やや高速寄りに振られた出力特性のため、パワフルなエンジンにもかかわらず、立ち上がり加速よりもコーナリングスピード重視の走りが求められる(←んじゃないかなと想像)。
111128m06さらに強化されたトルクにタイヤが負けはじめるから、ドライ路面でも、踏めばそれなりのスライドコントロールが必要だ(←ろうと空想)。
ま、いずれにしても、もし実際にこのSクラスにさえ乗れれば、たとえタカハシのよーなタコドライバーでも、スタンダードに比べて、軽く2秒速く走れることだけは間違いない!!!(←たんなる妄想)

スタンダードカートで規定をクリアできた幸運なドライバーは、ぜひその贅沢な走りを味わってみてほしい。

111128m07コースの管理人さんは、にこやかで親切。そして日々の営業努力を欠かさない。その甲斐あって、カートも設備も料金も、非の打ちどころがない。休日なんぞ、お客さんが詰めかけてさぞ混雑するだろうと思ったら、じつはそうでもないんだそうだ。

111128m08理由をたずねると、管理人さんは「富山の人、なんだかあんまりカート乗ってくれない……」と、悲しげに肩を落とした。
そーゆー県民性ならしかたないのかもしれないが、これだけのクオリティのコースを走らないのは、さすがにもったいない。

富山の人、もっとカートに乗ろう! せっかくだから、新潟の人も長野の人も石川の人も岐阜の人も、スパッと県境を越えてカートに乗ろう! このコースなら、足代かけてもオツリがくる。

ちなみに、ここには「カート4回乗車+お昼ごはん+お風呂」5000円という驚愕のセットメニューがある。他のコースではまず見かけないユニークなサービスだが、タカハシのような永遠のビギナー・ドライバーにはコレが意外にお薦めだ。
111128m09タカハシが4回もカートに乗ると、たちまちヘタレな体力を使い果たし、カスみたいなラップタイムに心も折れて、身も心もボロボロになる。
そんなとき食事と風呂でレジャーな気分を味わいつつ、「目を三角にしてタイムを競うばかりがカートじゃないよな(←嘘)。モータースポーツは参加することに意義があるんだ(←嘘嘘)。楽しく走れれば、たとえ遅くても満足だね(←嘘嘘嘘、嘘ったら嘘)」などと自分をごまかし、慰める時間がたっぷり持てるのだ。

上級ドライバーがしっかり楽しめるのはもちろん、ビギナーや女性、さらには毛虫やタカハシにさえも優しい カートコースとやま トップライズ。英知に満ちた霊長類から人間のクズまで、どんなドライバーも分け隔てなく歓迎してもらえるので、ぜひ一度は走ってみてほしい。
111128m10
■PHOTO by M.Horiguchi
※料金等は2011年9月現在 ※冬期休業期間あり

|

« SHOEI MULTI TECH ヘルメット | Main | ツインリンクもてぎ 北ショートコース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/53161895

Listed below are links to weblogs that reference カートコースとやま TopRise:

« SHOEI MULTI TECH ヘルメット | Main | ツインリンクもてぎ 北ショートコース »