« たくあんコーラ | Main

2017.01.25

AyuX+09

170125ayux09_1
2016年末、恒例の京都クリスマス展『AyuX+09』を開催した。

この京都での個展がクリスマスの恒例行事となって、早くも10年以上経つ。
それまでも毎年個展を開催してはいたものの、開催時期にこれといった決まりはなく、ギャラリーの事情や展示内容によってまちまちだった。
今ではクリスマス開催が定着して、年末が近づくと、「今年もクリスマス展をやるのか」といった問い合わせが数多く届くようになった。

170125ayux09_2
僕にもどこか、クリスマスパーティ代わりにギャラリーを借りて個展を開いているような感覚がある。
会期中は、昔なじみの知人やたくさんの友達とふざけあい、ふだんはなかなか会えない関西の取引先の担当者さんと無駄話をして、ずっと遊んで過ごしている。
お客様と一緒に数日間にわたってクリスマスパーティをやってるようなものだ。

170125ayux09_3
反面、このクリスマス展が恒例化したせいで、家でクリスマスを祝うチャンスはすっかりなくなった。
そのかわり、ギャラリーにツリーを飾り、イルミネーションをつけて、まあまあきらびやかなお祭りムードのクリスマスを過ごせている。

お盆だか正月だか三代前の先祖の法事だかわからないような、地味で無味乾燥なクリスマスを自宅で過ごすより、よっぽどクリスマスらしいクリスマスが過ごせているともいえそうだ。

170125ayux09_4
170125ayux09_6_2
2016年は、拠点を東京に移して以来、初めて東京展の開催を休んだ年でもあった。

そのため新作の数が揃わず、『AyuX+09』では、数年前に描いた絵を含む旧作をたくさん展示することになった。
新作展こそが本来の個展だと考えるなら、この展示は失敗なのかもしれないが、こうして一度制作の手を休め、立ち止まる時間を持ったことは、よい学びになったと思う。

170125ayux09_5_2
とはいっても、いつまでも立ち止まってぼーっとしてるわけにはいかない。

ていうか、すでにぼーっとして丸一年ダラダラ過ごしてしまったんだし、できれば2017年は、せめてもう少しだけ遠くまで歩ける年になってほしいものだ。

170125ayux09_7
170125ayux09_8

|

« たくあんコーラ | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/64802030

Listed below are links to weblogs that reference AyuX+09:

« たくあんコーラ | Main