« AyuX+06@京都 | Main | The 14th moon »

2014.04.20

さよなら『ナンクロ』

14042101

世界文化社のパズル雑誌。この『ナンクロ』以外にも、同社のいくつかのパズル誌でずいぶん長くイラストを描かせてもらってきたが、残念ながら、その多くが今春休刊された。

ずっと仕事をしていた雑誌がなくなるのは寂しいものだが、この『ナンクロ』は思い出が多く、とりわけ残念だ。この雑誌を通して良い編集者と知り合い、いまでは友人として親しくつきあうようになった人たちもある。これまでの彼らの奮闘を思うと、かえすがえすも休刊が惜しまれる。

たまたま先日、入院した知人の見舞いにゆくことがあって、療養中の退屈しのぎにと、コンビニで目についた適当なパズル誌を一冊買っていった。
長らくパズル誌に挿絵を描いてはいたものの、仕事中の手すさびに解いてみるほかには、めったにパズルをやったことがなかったが、病室でちょっと遊んでみて驚いた。

その雑誌に載っていたパズルがおそろしくつまらなかったからだ。パズルのデキがひどく悪かったせいである。

装幀や判型など、どれもよく似た感じの各社のパズル誌だが、うかつにも実際に遊んでみるまで、かんじんのパズルの品質がここまで違うとは知らなかった。

世界文化社の『ナンクロ』は、(飾りにくっついてるイラストの質は、まあともかくとして)パズルそのもののデキはじつに素晴らしかった。
休刊してから気づくのも悲しい話だが、毎号あれだけのクオリティのパズルが並んでいたのは、編集諸氏の努力のたまものだったのだろう。

もし次に誰か入院する知人がいても、コンビニの棚でいちいちよくできたパズル誌を探すのは面倒だから、もう見舞いにパズル誌を持っていくこともないと思う。手ごろな見舞い品の候補がひとつ減っただけでも、『ナンクロ』休刊が惜しまれる。


|

« AyuX+06@京都 | Main | The 14th moon »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さよなら『ナンクロ』:

« AyuX+06@京都 | Main | The 14th moon »