« 森永ミルクキャラメル・ポテトチップス | Main | ほんとうにあったお話(3年生~6年生) »

2013.03.03

ひつまぶしキャラメル

13030301
名古屋名物ひつまぶしは、ウナギの蒲焼を細切れにして飯と混ぜたものだ……なんてこと、わざわざ説明するまでもなく、たいていの日本人は知っているだろう。

ひつまぶし風キャラメルは、その味を模している。

だが、ひつまぶし味をまねてキャラメルを作るのは、じつはひじょうに難しい。ひつまぶし味はニアリーイコール、ウナギの蒲焼味だからだ。

ひつまぶし味は、まずウナギの蒲焼味との峻別を求められ、さらには「飯+ウナギの蒲焼」という、ひつまぶしとまったく同じ構成をもつウナ丼味とも峻別されなければならない。どんなに優れた調味技術をもつ菓子メーカーをもってしても、これはきわめて高いハードルだ。

このシビアな条件をどのように克服し、どこまで真のひつまぶし味に迫れるかが、ひつまぶしキャラメルを評価する際の最重要ポイントとなるのは、まあ自明の理だともいえる。

が、結論からいえば、ひつまぶしキャラメルは、ただのみたらし団子味キャラメルだった。

あまりにもウナギ感がなさすぎるのを不審に思ってよく見てみると、ウナギパウダーなどのウナギ系材料がまったく使われていない。これでは、みたらし団子を筆頭とする醤油+砂糖の甘辛菓子系と同じ味になってしまうのも当然だ。
やはり、申し訳程度でもいいのでウナギ系食材を使うことと、せめて山椒風味をぴりっと際立たせるなどして、「ウナギ感」を追求する姿勢くらいは見せてほしかった。

名古屋付近の高速パーキングエリアで買った。たった6粒で200円という高級品。パッケージ・デザインがいいだけに、味にも相応の工夫があればと惜しまれる。地元・名古屋の安倍製菓製。

|

« 森永ミルクキャラメル・ポテトチップス | Main | ほんとうにあったお話(3年生~6年生) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/56879637

Listed below are links to weblogs that reference ひつまぶしキャラメル:

« 森永ミルクキャラメル・ポテトチップス | Main | ほんとうにあったお話(3年生~6年生) »