« November 2012 | Main | March 2013 »

February 2013

2013.02.16

森永ミルクキャラメル・ポテトチップス

13021601
あの森永ミルクキャラメル味のポテトチップである。いかにもムリクリな製品だ。

口に入れたとたん、キャラメル風味の甘さがむわっと広がる。においは超甘いのに、味は薄ら甘い程度。そしてポテトチップなので、当然けっこうしょっぱい。

吐くほどマズいかといわれると、けっしてそんなことはないのだが、かといって泣くほどウマいかというと、そうともいえない。いずれにしてもキャラメル風味が鼻に抜ける瞬間、エズき感に襲われる味には違いない。

13021602森永ミルクキャラメルをポテトチップと取り合わせる着想は大胆だが、ただそれだけなら、ふつーにキャラメルとポテチと同時に食えば済むことだ。そこでさっそく手近なポテトチップと森永ミルクキャラメルをリアル同時食いし、製品の味と比較してみることにした。

すると、リアル同時食いも、製品化された森永ミルクキャラメル・ポテトチップも、味はさほど変わらないことが判明。つまりこの製品は、それほどまでに「キャラメル+ポテチ」味を忠実に再現しているということになる。

ただそのいっぽう、大きな違いもあった。
それは食感だ。

リアル同時食いでは、キャラメルのネチッとした歯ごたえの隙間に、乾燥系のポテチがジャリジャリと混ざり込んでくるのだが、このネチジャリ系食感に気を取られるせいか、むわっとくる甘味と塩味の違和感が薄らぎ、エズき感もさほどではない。つまり残念ながら、どっちかといえばリアル同時食いのほうがウマかった。

ただ、だからといってこの味の製品化を諦めることはない。
逆に森永ミルクキャラメルにポテチ片を練り込んだ「ポテチ味のキャラメル」を製造することにより、両者の食感の差を活かした新製品、その名も「森永・ポテトチップ・ミルクキャラメル」を売り出してはどうだろうか。

ほかの人は誰も買わないかもしれないが、売り出してくれれば僕だけは必ず買う。いや、まあでも正直なところ、二個は買わないと思うけど。

森永製菓が山芳製菓と共同開発し、販売中。1袋60グラム、105円だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | March 2013 »