« シティリビング | Main | ココア豆 »

2012.01.24

個展 AyuX+04

12012401
2011年末の京都クリスマス展、AyuX+04は予定どおり無事閉幕した。おかげで多くのお客様にめぐまれ、いつも以上に賑やかな会期となった。

12012402初めて会うお客様が圧倒的に多い東京展とは違い、京都展はどちらかというとなじみの友人・知人の来訪のほうが多いが、今回はフリーペーパー「リビング京都」で開催情報を取り上げてもらったため、新しいお客様との出会いもかなりの数にのぼった。

展示内容は、9月に開いた東京・吉祥寺の『二十三夜』とほとんど変わらない。いくつか新作を投入したものの、吉祥寺展以降は、多忙にまぎれて充分な制作ができず、じつはちょっと心配していた。でも、結局ほぼ新作のみで壁面を満たせてほっと胸をなでおろすことになった。

12012406ただ、東京に本拠を移して5回目の節目にあたる開催だからと、「銀河めぐりシリーズ」の表題作となった作品、『銀河めぐり』を再出品することにした。
京都に住んでいる時期に半分描き、引っ越し先の東京の家で残りの半分を描いた、ちょっと特別な作品だ。また、独自の塗り重ね技法、ハイパー・バーニッシングを、いちおう完成できたと実感した初めての作品でもある。

12012403_2それまでは、この特殊な質感をもつ独自の制作技法について質問されるたび、既成の技法名がなくて苦心していたが、みずから「ハイパー・バーニッシング」と命名してから、だいぶ説明が楽になった。
数年を経て、今ではこの技法の名を知ってくれる人も増えた。ありがたいことだが、それだけに「作品が看板負けしててガッカリ」なんてことにならないよう、マジメに制作に励まないとマズい。

12012404_2『AyuX+04』でお世話になった皆さん、そのほかのあらゆる機会でご支援くださった多くの皆さん、2011年はお世話になりました。2012年も精進しますので、ぜひ見守っていてやってください。

……なんて、今になって書いているが、すでにこれも遠い去年の話だ。
来年の話をすると鬼が笑うとよくいうが、こんなふうに去年の話ばかりしていると、いずれ知り合いから笑い者にされるに違いない。
12012405

|

« シティリビング | Main | ココア豆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/53651028

Listed below are links to weblogs that reference 個展 AyuX+04:

« シティリビング | Main | ココア豆 »