« October 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

2011.12.19

シティリビング

11121901『AyuX+04』と題して、今年も京都でクリスマス展を開く。

ありがたいことに、ここ数年は、毎年どこかのメディアが開催情報を扱ってくれているが、今年はシティリビング京都で紹介されて、いち早く掲載紙を送ってくれた。

紙面を見ると、なんとなく京都が懐かしい。一面は「2012年に京都初の水族館ができる」という、いかにもローカルっぽい情報で飾られていた。『AyuX+04』の情報も、将棋の駒くらいの小さいカラー図版入りで載っている。

シティリビングは働く女性向きのメディアなので、僕のよーなろくに働いてないヤロウには、本来あまり縁がないんだが、京都に住んでいた頃にはわりと読む機会があった。ごくたまに、編集部から仕事を請けていたせいもあるだろう。

東京に拠点を移してそろそろ5年が経つ。故郷での個展も、こうしてなんとか続けられている。そして、ずっと変わらずギャラリーに足を運んでくれる友人・知人たちがいる。
底冷えで知られる京都だが、僕のクリスマスは、彼らのおかげでいつもあたたかい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.18

塩ゼリー

11121801

このところ、心の弱ったダイエッターを狙ったカロリーゼロのゼリーが各社から発売され、スーパー店頭で熾烈な陣取り合戦を繰り広げている。

なかでも、ひときわ異彩を放っているのが、この「ゼロカロリー塩ゼリー」だ。塩のゼリーというだけでもかなりあやしい雰囲気だが、さらに「レモン風味に仕立てました」と注釈がついているから、ますます不気味だ。

食ってみると、たしかにカロリーゼロだった。
だが、残念なことにうまさもゼロだった。

多くのゼロカロリーゼリーは、ダイエットにともなう空腹の苦痛をやわらげるための軟弱な商品として売られているが、この塩ゼリーは違う。むしろダイエットの苦痛をガチで味わえる硬派でストイックな修行僧向きの商品だ。

ただうまくないだけでなく、かんじんの塩感さえもイマイチで、味のインパクトどころか食べる意味さえあまり感じられない。ゆる~いレモン風味ともいえるし、シャバシャバに薄めたスポーツドリンク味ともいえる。まさしく無辺の乾坤にひたすら曖昧模糊としつつも電光影裡に春風を斬る、いわば禅問答の風味である。

心の修行にピッタリの塩ゼリーだが、販売面ではやはり苦戦しているようだ。これも、いまや日本人がすっかり堕落し、心の修行を忘れ去ってしまったためだろう。哀れにもレジ横の特売品のボール箱に詰められ、1袋30円というウルトラ激安大特価で投げ売りされていた。

ASフーズ製、23グラム×8個入りである。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | January 2012 »