« ドリアンハイチュウ | Main | まね金猫だんご »

2010.01.01

寅年ロール

10010101
09年、京都クリスマス展のあと、ちょっと地元でグズグズしていたら、東京帰還は10年の元日になってしまった。
長距離運転でフラフラになって迎えた元旦の朝、近所のいつもの百均で、いつもの買い物をして、いつものメシのしたくにかかろうとしたとき、陳列棚に寅年ロールを見つけた。
これが十年一日のごとく平々凡々たる我が家の元日の食卓を飾る、唯一のおせち料理となった。

寅年ロールは、へんな菓子パン業界に覇を唱えんと研鑽に励んでいるヤマザキパンが、2010年代の幕開けに上げる心の雄叫びを表現した一品だ。が、へんな菓子パンとしてはいまいちインパクトに欠けるいっぽう、まともな菓子パンとしての新鮮味にも欠け、やや中途半端で遠慮がちなショボい雄叫びとなっている。

たんにパッケージにトラの図柄を印刷しただけでなく、スポンジに縦ジマ文様をつけているところに努力のあとが見られるものの、ずるりとあふれたクリームがどことなく鼻水っぽく、やや食欲をそぐデザインとなってしまったのが残念だ。

さて、この2010年代はどんな時代になるのだろう。ヤマザキパンはどっちを向いて走っていってしまうのだろう。そして僕は、このブログのために、どれだけへんなものを食わなくてはならないのだろう……。
新しい時代の到来に、一抹の不安がよぎる寅年ロールである。

山崎製パン製、105円。買ってはみたが、まだ食ってない。さすがに元旦早々、へんな菓子パンなど、あんまり食う気になれないからだ。

|

« ドリアンハイチュウ | Main | まね金猫だんご »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/47178659

Listed below are links to weblogs that reference 寅年ロール:

« ドリアンハイチュウ | Main | まね金猫だんご »