« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

2009.11.18

H22データベース本

091118
『平成22年度データベーススペシャリスト合格教本』のカバーイラストを描いた。

デジタル系資格取得教本の22年版の一冊で、これまでカバーイラストに、電鍵や三球超再生無線機、タイプライターといった古くさいメカを描いてきたシリーズだ。今回はバイクを描かせてもらうことになった。
イラストのバイクは、インド製のロイヤルエンフィールドというバイクをベースに、あちこち勝手に脳内モデファイして作り上げた妄想マシンだ。

版元から届いた本をパラパラとめくると、この本には、情報処理技術者試験にパスするために必要な情報がぎっしり詰まっているのがよくわかる。

たとえば第4章の4項「第3正規形」には、「関係がボイス-コッド正規形でない理由」と題した素晴らしい一節があり、「関係(リレーション)Rが第3正規形であるが、ボイス-コッド正規形でない理由は、ボイス-コッド正規形の定義から、Rの(候補キーを含む)スーパーキー以外の属性集合に対する自明でない関数従属性が存在するからです。」と説明されている。

なんとわかりやすい説明であろう! 脳からぴゅーぴゅー血が出るほど簡単な記述ではないか!

また、この本には、長くてつらい勉強の息抜きタイムにピッタリの楽しい読み物コラムも添えられている。そのなかから爆笑コラムのひとつを拾ってみよう。

たとえば「【コラム】SSQ/MMについて」は、「SQL multimedia and application package(SQL/MM)は、SQLの利用者定義系およびルーチンの機能を用いて、特定のマルチメディアや適用業務のためのインターフェース(データ型およびルーチン)を規定しています。」という、ツカミもバッチリな書き出しではじまる。

いや超ウケる! マジ爆笑! おもしろすぎて腹の皮がよじれるコラムだよね!

この本は、高校3年生の国語の授業で5段階評価の5がとれていればスラスラ読めるし、大学の代数幾何学の授業でSSSがとれていれば、テレビで漫才を楽しみつつ軽く理解できるほど超わかりやすい本だ。

めったにいないとは思うが、もしその程度の成績さえとれずに学生時代をすごした落ちこぼれ系の人の場合は、中身を読むのはあきらめ、カバーイラストだけを眺めて楽しむといいだろう。無理して本文を読むと、ドヨ~ンと真っ暗な厭世観にさいなまれ、つい首を吊りたくなる可能性も否定できない。しかし賢者が書いた中身はともかく、カバーイラストだけは確実にバカが描いているので、どんなバカでも理解できる。安心して眺めてほしい。

山平耕作著・技術評論社刊。3200円で好評発売中、頭のいい人はぜひ買おう♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.05

函館がごめ昆布キャラメル

091105
「函館がごめ昆布キャラメル」という名は、どこでテンを打って読むかが難しい。「函館が、ごめ昆布キャラメル」なのか「函館がご、め昆布」なのか、あるいはまさかそれはないとは思うがいちおう念のため「函館がごめ昆、布キャラメル」なのかと一瞬とまどうが、これは「函館、がごめ昆布、キャラメル」と3分割するのが正しい読み方だ。

がごめ昆布は、かごの目に似た模様のある北海道南部特産の昆布の名だ。でもまあ、要するにそういう模様がついてるってだけで、実際にはたんなる昆布であり、昆布以上のものでも昆布以下のものでもない。したがって、がごめ昆布キャラメルも、たんなる粉末昆布入りキャラメルであり、それ以外の何ものでもない。
味にも名前ほど鮮明なインパクトはなく、後味だけはまあけっこうビンビン海藻くさいものの、総合評価としては、たんなる塩気の多いミルクキャラメルだ。けっしてまずくはないものの、たいしてうまくもない。つまり各種の凶暴な道産子キャラメル群のなかでは、殺意も攻撃力も違法性もあまり感じられない、ごく凡庸なキャラメルなのである。

さて、この函館がごめ昆布キャラメル最大の欠点は、なんといっても、函館と、がごめ昆布と、キャラメルの三者をわざわざ一緒くたにする根拠が薄弱な点に尽きる。函館と、がごめ昆布と、キャラメルは、もともとバラバラのものだ。だったらこれらはバラバラに食べるほうがいいに決まっている。ただ、そのうち函館の部分をどうやって食べたらよいかが、ちょっとした悩みの種である。

72グラム、18粒入り、105円。道南食品製の軟弱系道産子キャラメルだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.01

あずきペプシ

091101最近ペプシが暴走して、あちこちで不評を買っている。キュウリ味だかシソ味だか、やたら奇怪なペプシを連発してきた同社だが、先日とうとうアズキ味を出してしまった。

むやみと変わり種の味を発売して話題性を狙う食品メーカーのこの症状は、経済専門家の間では「チロル=キットカット症候群」と呼ばれている。
なんとなくたいした問題がなさそうにみえるかもしれないが、じつは症状がすすむと、変わり種味だけが市場に出回り、かんじんのノーマル味が完全に店頭から消え去ってしまう末期症状を呈し、最終的には企業生命にもかかわる恐ろしい病である。

が、幸か不幸かアズキペプシは、いうほどアズキ味がしない。アズキといえばアズキだが、ペプシといえばちょっとカビ臭いノーマルペプシともいえそうな、ごくかすかな風味なのだ。この程度のぬるいアズキ味を作っているようでは、まだまだ本気でチロル=キットカット症候群を発症しきっているとはいえない。

しかもペプシは、今のところまだノーマルペプシの販売が好調を堅持している。病期でいえばステージ1の段階だ。ノーマル味がすっかり貴重品扱いされるようになり、ステージ4に突入して瀕死の重症となったチロルチョコやキットカットとは、あきらかに病期が異なるのである。

比較的症状が軽い今のうちが根治のチャンスだ。ただちに変わり種ペプシの開発から撤退し、本業のノーマルペプシ製造に励み、治療に専念するのが、ペプシにとって最良の選択であることは今さらいうまでもないだろう。

490ml入り、値段はたしか150円くらい、サントリーフーズ製。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »