« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

2008.03.09

メモリ増設

080309
僕はふだん画像処理用のデスクトップ型と、通信・事務処理用のノート型の2台のパソコンを使っている。どちらも古い型だが、とりわけノートパソコンの動作があまりにも遅すぎて仕事に支障が出始めてから、もう1〜2年が経つ。そろそろ買い換えなくちゃいけないのかとも思ったが、そんな金はない。システムの設定をいじくって、いくつか姑息的な対策を試みたが改善しないので、大枚5000円をはたいてメモリの増設に踏み切った。

でもパソコン屋に作業を頼んで金をとられるのはいやだから、おそるおそる自力でやってみることにした。
キーボードをはがして本体を開け、メモリを取り付ける。内部のパーツを見ても、なにがなんだかさっぱりわからないうえ、高価なパソコンをバラバラにしてしまうようで、見た目的にはなんとなく怖いが、作業自体はすごく簡単だった。

子供の頃よく作っていたラジオや無線機は、ちょっと見れば、すぐにここが増幅回路、ここが同調回路などとわかるほど単純な回路だったが、工作のほうはなかなかたいへんだった。部品の精度が低く、入るはずのパーツが入るはずのところにハマらなかったりするからだ。だが、今のパソコンの部品はひじょうに精度が高く、決まった場所になんなくスポッとハマる。
電子回路が飛躍的に複雑になったことよりも、部品の工作精度が飛躍的に向上したことに、ここ30年の工業技術の発達を実感させられた。

メモリは256MBから768MBに増えた。最新のパソコンと較べるとどうかと思うが、僕にはこれでじゅうぶんだ。おかげで起動も劇的に速くなった。
これまでは、朝イチで仕事場のパソコンを立ち上げても、起動に時間がかかりすぎて、うっかり途中で居眠りを始めてしまい、ハッと気づくとすでに夜になっていたりすることもしばしばだったが、もうそんな心配はない。ただその反面、これからはじゅうぶん居眠りができず、睡眠不足になるんじゃないかと心配だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »