« ゲームチョコ アヒー | Main | こまどり&雷鳥 »

2007.09.16

チュッパサプライズ

070916これはチュッパチャプスの進化型、チュッパサプライズだ。
チュッパチャプスは、きっと誰もが一度はしゃぶったことがある飴だろう。他の棒付きキャンディの大半がうんざりするほど大きく、途中で飽きてしまうサイズなのに較べ、だんぜん小振りなのが大きな特色である。

だが、いかに小振りで食べやすいチュッパチャプスといえども、一気に食べると後半で飽きてくる可能性がないともいいきれない。そのため念には念を入れ、食べきれない場合に途中でいったん休憩できるよう、キャンディに格納ケースを付けたのがこのチュッパサプライズだ。
球体の上半分はドーム状の蓋になっており、自在に開閉が可能。チュッパチャプスを棒付きのまま格納でき、ストラップで首からさげて持ち歩くこともできる。

070916bチュッパチャプスをベロベロとしゃぶる児童らは、甘ったるい味に飽きかけるとすばやくケースに格納し、しぱらくして甘味が欲しくなると、また取り出してしゃぶり続ける。このようにして、彼らは日本古来の「モッタイナイ精神」を学び、キャンディをはじめとする、限りある地球資源の大切さを知るのである。児童の環境教育の観点からみて、じつに素晴らしい製品だといえよう。

また、ルーズで柔らかいポリ塩化ビニル製の留め具でストラップがつながれており、首にかけたまま強い力がかかると即座にはずれる安全対策がなされているのも見逃せない。児童の事故防止の観点からみても、じつによくできた製品だ。

070916cただ、ケースに防水加工がされていない点だけは惜しまれる。しゃぶりかけのキャンディを格納したチュッパサプライズからは、ダラダラと際限なく唾液が漏れだすため、児童は必然的に全身べったりと粘着性の液にまみれる結果となる。
ある調査によれば、このように粘着化した児童がおろしたての新品スーツにいきなり飛びついてきた場合、良識あるビジネスマンの約90%が反射的に彼らを突き飛ばし、場合によっては罵声を浴びせたり叩きのめしたりするともいわれる。
児童の虐待防止の観点からみると、まだ改善の余地がある製品だといわざるを得ないだろう。

ちなみに内蓋に「ポケットモン某」とかいう化け物のキャラクターをかたどったパーツが付属していたが、機能的にまったく意味のないたんなる装飾だったため、その部分は購入後、すぐ廃棄した。発売元はタカラトミー、菓子はスペイン製、玩具は中国製、199円。

|

« ゲームチョコ アヒー | Main | こまどり&雷鳥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/16467476

Listed below are links to weblogs that reference チュッパサプライズ:

« ゲームチョコ アヒー | Main | こまどり&雷鳥 »