« しべりあ | Main | ゲームチョコ アヒー »

2007.09.07

パッションフルーツ羊羹

070907この羊羹は、ライターの野岸"ねぎ"泰之さんが八丈島旅行のみやげにくれたものだ。トケイソウの実、いわゆるパッションフルーツをふんだんに使った羊羹だ。八丈島の発明家が、手近にあったパッションフルーツジュースを白あんにドボドボと混ぜ込んで作ったものと推察される。

それにしてもさすがは亜熱帯の八丈島、サブトロピカルな激熱パッションがビンビンと感じられるムチャな企画だ。なんとか新奇な菓子を開発しようと、情熱まかせにやってしまいました感アリアリのみやげである。パッションフルーツを入れるのはまあいいとして、なにも羊羹まで行ってしまうことはないだろう。情熱が先走るあまり、「これはさすがにやりすぎではないか」と自らを省みる冷静な論理が働かなかったのかもしれない。
当然のことながら忍耐力が試される味となっている。一口目で胸が苦しくなり、食べ進めるにつれて生きる気力が奪われてゆく。一切れならともかく、一本丸ごと食べるとなると、まさに艱難辛苦の道のりというほかはない。

さて英語の「パッション」という語は、ふつう「情熱」と訳されるが、これとは別に「キリスト受難」の意味もある。じつはパッションフルーツは「情熱」の意味ではなく、「受難」のほうから名付けられた果物だ。めしべがキリスト磔刑の十字架にみえるのがその由来だという。
てっきりパッションフルーツは情熱の果実だと思っていたら、意外にも受難の果実だったというわけだ。パッションフルーツ羊羹もまた、情熱の羊羹ではなく、受難の羊羹という意味なのだろう。

販売元は八丈観光物産。310グラム入り、もらいものなので価格は不明。
070907b

|

« しべりあ | Main | ゲームチョコ アヒー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/16371900

Listed below are links to weblogs that reference パッションフルーツ羊羹:

« しべりあ | Main | ゲームチョコ アヒー »