« こまどり&雷鳥 | Main | だがし屋こうちゃんのミルクセーキ »

2007.09.30

味わい餡 KitKat

070930
大衆の味覚を破壊するような奇怪なチョコを次々に開発しては、つねにコンビニの棚に嵐を巻き起こし続けているKitKat新製品開発チーム(仮称)が、ついに和菓子に手を出した。
餡+チョコ。それは和洋両菓子の甘いもの代表をただ真正面からぶつけ合うだけという、芸も工夫も作戦もヒネリも感じられない衝撃の直球勝負だ。
一目で売れないと即断できる菓子でもある。しかし「挑戦」の二文字を高々と掲げ、菓子業界の裏街道をひたすら突き進むKitKat新製品開発チーム(仮称)にとって、売れ行きなどというものは、とるにたりない俗世の塵事にすぎない。うまいチョコをわざわざまずく作りかえてでも、敢えて売れないチョコを作る。その高邁な理想とあくなき開発者魂には、日頃から尊敬の念を禁じえないでいた。

070930bだが、封を開けて落胆した。チョコの中に餡を入れたといっても、ホワイトチョコに餡を練り込んだ、期待はずれの菓子だったからだ。そんなにうまくはないものの、かといって激マズともいえず、人によってはうまいと云いだしかねないマトモ味になってしまっているのだ。
これではいけない。キンキンのカカオ風味満点のチョコに、むせかえるような小豆風味の餡がぎっちり詰まっているからこそ、リバース寸前のエグい味が楽しめる。それをクセのないホワイトチョコで作ってしまったら、まったく意味がないではないか!

勇猛果敢でその名をとどろかせているKitKat新製品開発チーム(仮称ったら仮称)にも、こんな腰抜けがいるということなのだろうか。「売れてほしい」という低俗な期待がチラリと頭をかすめてしまったために、大事な局面で及び腰になり、ホワイトチョコで逃げを打とうとしたのではないか。じつに情けない。
やはりここは「絶対に売れないチョコを開発する」というチーム本来の崇高な信念に立ち返り、カカオ率80%以上のエクストラビターチョコ&ねっちり粒あんの組み合わせで徹底的に攻めの姿勢を貫き、フルコンタクトなガチンコ勝負に出てほしかった。

ネスレコンフェクショナリー製、8枚入り。パッケージに「期間限定」と断りが入れてあるが、いちいち断らなくても、これなら自然に期間限定商品になるだろう。

|

« こまどり&雷鳥 | Main | だがし屋こうちゃんのミルクセーキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6286/16608840

Listed below are links to weblogs that reference 味わい餡 KitKat:

« こまどり&雷鳥 | Main | だがし屋こうちゃんのミルクセーキ »