« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

2005.01.31

くわえタバ厳禁

050131書いたものを人に見せるときは、誰でも事前に一度や二度は見直すものだと思うが、どうしてこうなってしまったんだろーか。これでも看板の意味はじゅうぶんわかるから問題はないが、制作プロセスがよくわからない。京都市南区・東寺の駐車場にあった。「喫」という字も、上手いのに若干フシギな形になっている。ひょっとするとアートの一種なんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.30

きんかん

050130柑橘類としてとくにマイナーというわけじゃないが、果物としてはマイナーといっていい。きんかんという名は知っていても、めったに食うことはない。たまたまスーパーで見かけて買ってきた。これだけ入って198円。改良を重ねて洗練された最近の柑橘類にくらべるといかにも原始的な味で、苦みが強く、舌触りも荒い。小さい頃はすごくうまいものだと思っていたが、いま食べるとさほどでもない。それだけうまいものが少ない時代に育ったということなのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.29

雪の京都御苑

050129京都商工会議所が隔月で出している広報誌。表紙写真のコピーを書き始めて、かれこれ1年になる。どういうわけか僕がライターを兼業していると勘違いしていた制作会社から急ぎでコピーの依頼があったのが発端だ。むげに断ると困るだろうからと1本書いたら、いつの間にかずるずると連載状態になってしまった。
毎回、表紙写真にからめてそれっぽいエピソードなんかを書く。雪の写真には雪の話を書くし、桜の写真には桜の話を書く。もちろん執筆時点では雪も桜もないから想像で書く。そもそも無記名なので、誰が書いたかわからない記事だし、知らないうちに校正が入って奇妙な文章になったりもしている。おまけに表紙のカメラマンとは一面識もない。彼はいったいどう思って読んでるんだろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.28

激辛竜タン麺

050128なりは小さいが凶暴なまでに辛い。辛いものは苦手なほうじゃないんだが、これには途中で降参した。「八剣伝」というチェーン居酒屋のメニューにある。430円。よほどの自信がないかぎり挑戦は差し控えたほうがいいと思うが、どうしても食べたい場合は、あらかじめ「りんごシャーベット」などの中和剤を注文しておくべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.22

英国小型乗用車

050122大学時代の後輩が乗っていたので、少し貸してもらった。見た目どおりのオモチャっぽい走り方がゴーカートみたいでおもしろい。内装も意外に上品でカッコよかった。こういうクルマは故障ばかりするものと思っていたが、水と油さえちゃんと入れておけば、そんなにバカスカ壊れることもないそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.21

翡翠珈琲

050121京都・北大路に翡翠という喫茶店がある。ときどき行って、飯を食ったり人と会ったりマンガを読んだりする。どちらかといえばマンガを読むのに向いた店だ。昭和中後期の雰囲気を色濃く残し、出てくるコーヒーも、まあそんな味だ。これまでは赤いコーヒーカップの絵がついた古くさい砂糖が付いていたが、最近変わってしまったらしい。1杯350円。ほんとは芸術と呼ぶに値するフルーツパフェの写真が撮りたかったが、飯を食った直後の胃にはヘヴィすぎたので果たせなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.18

ビビンバ太郎

050118ただしくは「石焼きビビンバ太郎」という。ペラペラの魚のすり身に甘辛い味がついていて、特別うまくはないが、かといって特別まずくもない。パッケージには、ボリューム満点のビビンバ丼写真の下に「石焼きビビンバの味 写真は商品のイメージで中身とは異なります」と注意書きがある。たしかにこんなペラペラの袋の中からこんな巨大なリアル丼が飛び出してきたら、誰でも仰天してしまう。厳密公正な商取引のため、この注意書きは必要不可欠なものだろう。菓道製。たしか30円くらいだったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.17

いか白チョコ

050117昨日紹介したいかチョコには姉妹品がある。「いかチョコホワイト」だ。なにしろ、さきいかをホワイトチョコでコーティングしたのである。業界初である。製法特許出願中である。ホワイトチョコにはカカオマスが含まれないため、いかチョコ唯一の救いともいえるチョコの香りさえ奪われ、徹頭徹尾、修行のためだけのピュア&スパルタンな味覚となっている。チョコ道に邁進するタクマ食品の求道者ぶりが伺われる一品だ。今回はノーマルいかチョコと白いかチョコを取り合わせて撮影してみた。じつに美しい。そしてじつに生臭い。050117b


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.16

いかチョコ

050116さきいかをチョコでコーティングしたそうだ。業界初だそうだ。製法特許出願中だそうだ。タクマ食品製。名称が「チョコレート」ではなく、「魚介乾製品」となっているところがいかにも本格的だ。食べた瞬間「お、これは意外とイケる!」と思うのだが、噛んでも噛んでもしつこく残るさきいか部分が恐ろしく生臭く、食べ終わる頃には大半の人がまったく別の感想を抱くに至る。
愛知在住のカメラマン成田貴亨さんが、なぜか年始の挨拶代わりに送ってきてくれた。さきいかでチョコを作ったタクマ食品もたしかに立派だが、年賀状に代えてそのチョコを送ってきたカメラマンも相当のツワモノだといえるだろう。
050116b
←個装紙はこんな感じ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.13

あぶり餅

050113たまたま今宮神社の近くを通ったので初詣を済ませてきた。京都三奇祭のひとつ、やすらい祭で知られる社だ。参道にはあぶり餅屋がある。小指の先ほどの小さい餅を細い竹串に刺して炭火であぶり、白味噌あんをかける。香りと舌ざわりが独特だ。あぶり餅屋は「本家 根元 かざりや」の暖簾をかけた店と、「元祖 正本家 いち和」の暖簾をかけた店の2軒が参道を挟んで正対し、本家本元を張り合っている。どっちが正統のあぶり餅だか知らないが、僕は今まで「かざりや」にしか行ったことがない。1人前500円。持ち帰りもできるが、あっという間に味が落ちるから、なるべく現場で食べるべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.11

アウトライダーVol.10

050111
『アウトライダー』誌に、また少しイラストを描くことになった。読者投稿の「ツーリング俳句」コーナーの挿し絵だ。俳句コーナーという名前になってるが、川柳でも短歌でも自由律俳句でもソネットでも五言絶句でも、とりあえず散文以外のテキストならいちおう受け付けてくれるようだ。一等賞の句には僕が絵を付ける。うまくいけば高橋を苦しめるイラストのお題が出せるかもしれないので、ライダー以外の人でも気が向いたら投稿を。学習研究社から980円で好評発売中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.07

手乗りホットケーキ

050107
一見するだにマズそうだ。ホットケーキのキャラがナイフとフォークを振りかざし、「とろけるおいしさ!」などと悲壮感あふれる力説を試みているのさえ哀れだ。が、実際に食ってみたら意外にうまかった。メープルシロップの風味もわりかし本格的だし、甘すぎる味付けも一口サイズならではのアレンジだととらえられなくもない。隠れた名品である。ぜひ食べてみてほしい。やおきん製。値段は忘れたが、たしか50円くらいだったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.03

京都肉

050103強烈な印象があるのは、ガラスに映り込んだ風景の違和感のせいばかりではない。「京都」の語のみやびさと「肉」の語の生々しさの落差を活かした真っ赤なキャッチコピーに、舞妓の写真を取り合わせることによって、このポスターに暴力的なまでのインパクトが生まれた。京都肉牛流通推進協議会による力こぶの入った秀作だ。精進料理の聖地、京都にも、ついに肉食文化の夜明けがやってきたのだ。正月だからといって黒豆や高野豆腐やきんぴらゴボウなんぞチマチマつつき回してタソガレている場合ではない。今夜はガンガン肉を食って腕立て伏せと腹筋運動をしよう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »